米山のページ Nozomu Yoneyamas Page

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

(三次元津波シミュレーション解析結果のページへ)

研究成果の紹介動画

Simulation movie

津波氾濫時の3D漂流物挙動解析

3D-Numerical simulation of the Driftage with Tsunami run-up

津波氾濫時の漂流物挙動解析

Numerical simulation of the Driftage with Tsunami run-up

小規模地下空間への浸水解析(3D解析)

Inundation simulation for Small underground space

円筒タンクのスロッシング抑制機構の開発(3D解析)

Development of Sloshing Damper for Cylindrical tank

北海道南西沖地震における津波遡上解析(3D解析)

3D Numerical simulation of 1993 Hokkaido Nansei-oki Tsunami

放水路内高濃度濁質進入現象の数値解析(2D解析)

Numerical simulation for high density turbidity in discharge tunnel of hydro-power plant

ダムブレーク解析(3D解析)

Dam break ( 3D simulation)

   

  

氏 名

米山 望

よねやま(Yoneyama) のぞむ(Nozomu)

経 歴

昭和603

神奈川県立厚木高等学校 卒業

平成023

京都大学 工学部 土木工学科 卒業

平成043

京都大学 大学院 工学研究科 修士課程 修了

平成044

財団法人 電力中央研究所(CRIEPI) 入所

平成174

京都大学 防災研究所(DPRI, Kyoto University) 助教授(Associate Professor) 

平成194

京都大学 防災研究所 准教授(Associate Professor) 

学位論文

自由水面をもつ多次元流れの数値水理学的研究(京都大学,2001.9)

キーワード

数値解析,水面,三次元,非圧縮性流体,津波

主な研究論文

  • 国領優・米山望: 淀川遡上津波に及ぼす橋梁影響に関する数値解析的検討, 自然災害科学,Vol 32-2, 133-144, 2013.
  • 直田 梓・米山 望・鍬田 泰子:東北地方太平洋沖地震津波による矢の浦水管橋の被害に関する数値解析, 土木学会論文集B3(海洋開発),Vol 69, No. 2 p. I_353-I_358, 2013.
  • William Pringle and Nozomu Yoneyama; Development of Hybrid 2D-3D Numerical Analysis and its application to the Breakwater Overtopping and Inundation of the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake Tsunami in Kamaishi Bay, Proceedings of 2013 IAHR Congress, 2013.
  • Nozomu Yoneyama and Azusa Naota:  Applicability of VOF-Method-Based Numerical Analysis to the Estimation of the Tsunami Force Acting on a Bridge, Proceedings of 2013 IAHR Congress,, 2013.
  • William PRINGLE・米山 望:2011年東北地方太平洋沖地震津波に関する二次元・三次元ハイブリッドモデルの適用, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 69, No. 2 p. I_306-I_310, 2013.
  • 米山 望・田中 豊:船舶の三次元挙動解析手法の開発と係留索張力による基礎的検証, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 69, No. 2 p. I_331-I_335, 2013.
  • N. Yoneyama, Hi. Nagashima, and K. TodaThree-dimensional numerical analysis to predict behaviorof driftage carried by tsunami, Vol 64, 965–972, Earth Planets Space, 2012
  • 米山 望・森 信人・三輪真輝:2011 年東北地方太平洋沖地震津波の釜石湾における挙動の数値解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2., I_161-I_165, 2012.
  • 米山 望・直田梓:橋梁に作用する津波波力評価に対するVOF法に基づく数値計算法の適用性検討,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2., I_246-I_250, 2012.
  • 米山 望・中島健輔・永島弘士:巨大津波発生時におけるフラップゲート式可動防波堤の挙動予測手法の開発,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2., I_281-I_285, 2011.
  • Yoneyama N., Matsumiya H., Samejima R.Three-Dimensional Numerical Analysis of Salt-Water Behavior in the Yodo River in case of a Tsunami, Proceedings of the 34th IAHR World Congress, Brisbane, Australia (ISBN 978-0-85825-868-6), 1325-1332, 2011.
  • Yoneyama N., Miwa M., Toda K.Three-dimensional numerical analysis for predicting the fluid force acting on the human body from water flow , Proceedings of the 34th IAHR World Congress, Brisbane, Australia (ISBN 978-0-85825-868-6), 483-490, 2011.
  • Yoneyama N.Optimal Design of a Sand Discharge Pipe Determined by Fluid Analysis using the Movine Boundary Method, Proc. 11st International Symposium on River Sedimentation (ISRS) , Stellenbosch, South Africa,CD-ROM,2010.
  • 米山 望・松宮弘信・鮫島竜一:淀川における河川遡上津波発生時の三次元塩水挙動解析,河川技術論文集,第16巻,pp265-2702010.
  • 桑野靖子米山 望:都市水害の被害想定に関する研究,河川技術論文集,第16巻,pp501-5062010.
  • 米山 望・永島弘士:複雑な移動・回転を考慮した津波漂流物の三次元数値解析手法の開発,海岸工学論文集,第56巻,pp266-2702009.
  • 松宮弘信・米山 望・田中 尚・鮫島竜一・佐藤広章:河川遡上津波発生時の淀川大堰上流部における塩水挙動解析,自然災害科学,28-2,125-135,2009.
  • S. Ushijima, N. Yoshikawa, and N. Yoneyama.:Numerical Prediction for Fluid Forces acting on 3D Complicated-Shaped Objects in Free-Surface Flows, Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Vol. 27, No. 1, May, 2009, pp23-35.
  • 米山 望・永島弘士・戸田圭一:津波来襲時の漂流物挙動解析手法の開発,海岸工学論文集,第55巻,pp886-8902008.
  • Yoneyama N., Toda K., Aihata S. and Yamamoto D.Numerical Analysys For Evacuation Possibility From Small Underground Space in Urban FloodProc. 16st IAHR-APD Congress, Nanjing, ChinaVol 1pp107-1122008.
  • Hiroshi Nagashima, Nozomu Yoneyama, and Keiichi TodaNumerical Analysys of the Drift Behavior in Tsunami Run-up using the FAVOR methodAdvances in Hydro-Science and EngineeringVol. VIII,CD-ROM, 2008.
  • 米山 望・高畠大輔・澤田純男・三浦正博:スリットをもつ遮蔽板を用いた円筒タンク用スロッシング防止ダンパーの開発,応用力学論文集,Vol.11, pp565-576, 2008.
  • 米山 望・永島弘士・戸田圭一:FAVOR法を用いた陸上遡上津波に伴う漂流物挙動の数値解析,水工学論文集,第52巻,1399-14042008.
  • 牛島 省・吉川教正・米山 望・禰津家久:自由水面流中の3次元複雑形状物体に作用する流体力の数値解析,水工学論文集,第52巻,955-9602008.
  • 佐藤隆宏・加藤誠司・田中伸和・米山 望:ダム洪水吐クレストゲートの非定常放流特性に関する研究,水工学論文集,第52巻,793-7982008.
  • 米山 望・高畠大輔・澤田純男・三浦正博:円筒タンク用スロッシング防止ダンパーの有効性に関する実験・数値解析的検討,応用力学論文集,Vol.10, pp563-571, 2007.
  • Nozomu Yoneyama, Motoyuki Inoue and Nobukazu Tanaka: Three-dimensional numerical analysis for predicting the behavior of water temperature and turbidity in a pumped storage reservoir, Proc. 32st IAHR Congress, Venice, CD-ROM, 2007.
  • 榊山 勉・米山 望:数値波動水槽による多方向不規則波の3次元計算の検証と課題,海洋開発論文集,第23巻,184-1882007.
  • 米山 望・間畠真嗣・戸田圭一・山本大介:都市水害時における小規模地下空間の浸水過程に関する数値解析,水工学論文集,第51巻,541-5462007.
  • 山本大介・戸田圭一・米山 望・間畠真嗣:小規模地下空間の浸水実験,河川技術論文集,第12巻,115-1202006.
  • 米山 望・田中伸和・後藤孝臣・本多毅:放水路内高濃度濁質進入現象の数値解析,水工学論文集,第50巻,733-7382006.
  • 米山 望・松山昌史・田中寛好:1993年北海道南西沖地震津波における局所遡上の数値解析,土木学会論文集,No.705/II-59139-1502002
  • 井上素行・米山 望:揚水発電所貯水池における濁質挙動の制御,土木学会論文集,No.698/II-5844-552002
  • 米山 望・井上素行:三次元数値解析による揚水発電所貯水池内水温・濁質挙動の予測手法,土木学会論文集,No.684/II-56127-1402001
  • 洪水や津波の動きを予測する(第6章),ブルーバックス「パソコンでみる流れの科学」矢川元基編著,221-255,講談社,2001
  • 米山 望:自由液面解析コード(FRESH)の開発,日本流体力学会誌「ながれ」第17巻 第3, ながれmultimedia, http://www.nagare.or.jp/mm/98/yoneyama/index_ja.htm1998
  • 米山 望・松山昌史:自由液面解析コード(FRESH-FV)を用いた津波遡上解析,海岸工学論文集,第44巻,1997
  • Yoneyama, N., "Numerical analysis for free surface using VOF method", 6th IAHR International Symposium on Flow modeling and Turbulence Measurements, pp.679-686, Sep., 1996, Tallahassee, Florida.
  • 米山 望・守屋祥一:VOF法を用いた自由液面の数値解析法,水工学論文集,第39巻,373-3781995

防災研
年報

米山 望・間畠真嗣・戸田圭一・山本大介:都市水害時における小規模地下空間への浸水過程の数値解析,京都大学防災研究所年報,第49B575-5822006.(防災研究所ホームページの該当箇所へ)

所属学会

土木学会,自然災害学会,国際水理学会

連絡先

都市耐水研究領域ホームページに戻る

演習ページ