京都大学防災研究所 流域災害研究センター

  都市耐水研究領域

Japanese / English





水害・地震・津波に伴う複合的都市災害の

予測・解明・低減技術の開発


研究室の紹介

 東日本大震災と津波や局地的な集中豪雨などの自然災害は、私たちに自然の恐ろしさをまざまざと見せつけています。 特に沿岸域・河川流域の低地帯に発展した都市は、絶えず水がもたらす災害の脅威にさらされています。また、そうした特性を持つ都市部に地震・津波・水害が 襲来した場合、これまでに経験した事がないスケールでの複合的都市災害や都市特有の二次災害が発生する危険性も指摘されています。 こうした被害を最小限に抑え人々に安全・安心な生活と環境を提供するためには、来るべき災害の適切な予測評価を行い、それに基づいた 都市基盤の強化技術の開発とその整備が必要とされています。
 本研究室では、こうした都市域での様々な災害事象に対する安全性・性能の評価と工学的な対策技術の確立を目的として、 構造物・流体あるいは両者が関わる複雑な連成力学現象の解析、実験的評価、都市基盤施設の設計や維持管理技術に関する研究を行っています。


研究室の沿革